ポータブルストライク

iPhoneやスマートフォンに関する情報を発信していきます。それから、家電、グッズや書籍の紹介、食レポなども発信します。

【宇多田ヒカルの言葉】14歳から現在に至るまで。デビュー20周年を迎えた宇多田ヒカルが発表した全75編の日本語詞を執筆順に掲載。

宇多田ヒカル初の歌詞集「宇多田ヒカルの言葉」は、デビュー楽曲「Automatic」から最新曲「あなた」まで、これまでに発表したすべての日本語歌詞を網羅されています。
ボーカルレコーディングが行われた順に歌詞を掲載しています。

f:id:revival2018:20180410215347j:plain


また歌詞のほかにも宇多田ヒカルとその作品についての文章が各界の著名人より寄せられています。
50音順に紹介すると、昨年アーティスト活動を再始動するにあたり、最初のアーティスト写真を撮影した写真家・石川竜一氏。
活動休止中ソーシャルでの会話がきっかけで、昨年、NHK「SONGS」で初対談が実現した糸井重里氏。
デビュー時からいただいていたオファー(思い)が、ようやく昨年実現した番組「クリスマスの約束」で共演させていただいた小田和正氏。
人間活動中のリリースとなった楽曲「桜流し」(「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」主題歌)のミュージックビデオを手掛けた河瀨直美氏。
エッセイなどで宇多田ヒカルへのリスペクトの気持ちを表してくれている詩人、最果タヒ氏。
ヒップホップの文脈から宇多田ヒカルの歌詞を見つめてくれたSKY-HI氏。
昨年、番組「クリスマスの約束」で共演し、いまやEPICレコードジャパンで同じレーベルメイトとなった水野良樹氏(いきものがかり)。
そして、文学界からは、以前ブログでも宇多田ヒカルに触れていた吉本ばなな氏。
以上8名から文章が寄せられています。