ポータブルストライク

iPhoneやスマートフォンに関する情報を発信していきます。それから、家電、グッズや書籍の紹介、食レポなども発信します。

G-SHOCK初!ソーラー充電でもGPSナビが使える「RANGEMANシリーズ GPR-B1000-1JR」

時計にタフネスという新たな概念を築き上げたG-SHOCK。すべては、落としても壊れない時計をつくるという開発者の熱き信念、当時の常識を覆す、無謀ともいえる挑戦から始まった。
200を超える試作が繰り返され、約2年にも及ぶ歳月が費やされ、完成したのが、耐衝撃構造。タフの中核を担うテクノロジーの誕生である。以来、G-SHOCKは、終わりなき進化を続けてきた。構造、素材、機能。あらゆる面から、さらなるタフを追い求めて。

f:id:revival2018:20180519091629j:plain


過酷な自然環境に立ち向かう男たちをサポートするG-SHOCK「Master of G (マスターオブG)」シリーズの中で、陸の極地での使用を想定しトリプルセンサーを搭載したRANGEMAN(レンジマン)にNewモデルが登場。

耐衝撃、防塵・防泥、耐低温、防水仕様の強化ボディに、G-SHOCK初となるGPSナビゲーション機能を搭載。GPSと方位計を組み合わせた目的地までのガイド機能や、通過ルート、通過ポイント情報のメモリー機能により、サバイバルシーンを強力にサポート。

充電方式は、ワイヤレス充電とソーラー充電の2方式を採用。GPS機能は、約5時間のワイヤレス充電で約33時間の使用が可能なうえ、万一GPS機能が使えないバッテリーレベルになっても、高照度の光によるソーラー充電で一定時間再駆動させることができます。

また、Bluetooth®によりスマートフォンアプリ「G-SHOCK Connected」と連携することで、アプリ上でのルート作成、通過ルートの3Dマップ表示など、GPS機能のパフォーマンスをさらに拡大。究極のサバイバルタフネスを目指し、進化を遂げた新しいG-SHOCKの誕生です。