ポータブルストライク

iPhoneやスマートフォンに関する情報を発信していきます。それから、家電、グッズや書籍の紹介、食レポなども発信します。

タフな準スマートウォッチ【CASIO G-SHOCK ジーショック Bluetooth搭載 電波ソーラー GMW-B5000D】

2018年、初代モデルDW-5000Cの発売から35年の時を経て、「外装の進化」「構造の進化」「モジュールの進化」をコンセプトに、フルメタル化を実現し、Connectedエンジンを搭載したGMW-B5000Dが登場。

f:id:revival2018:20180706212932p:plain

G-SHOCKの原点であるDW-5000をベースにフルメタル化を実現。ベゼル、バンドへ硬質なステンレス素材を採用しました。G-SHOCKのコアテクノロジーである中空構造を見直し、耐衝撃構造を進化。メタルベゼルと本体ケース部の間にファインレジン緩衝体を挟み、フルメタルケースでも耐えうる新たな耐衝撃構造を開発しました。

最も衝撃が加わるバンド取り付け部を改善し、センターケース中央に中継点を設けることで、バンド取り付けパイプに加わる衝撃を低減します。また、重厚感あるスクリューバックケースを採用し、裏蓋には耐摩耗性に優れるDLC処理を施しています。

クリアな視認性にもこだわりフィルムソーラーセルや、斜めの角度からでも時刻表示が判読しやすいSTN-LCD(液晶)を用いて視認性の向上を追求。オリジナルモデルをオマージュしたフェイスデザインは文字板からメイン表示レイアウトに至るまで徹底的にこだわり、初代モデルを彷彿とさせるデザインに仕上げました。

また、最新のエンジンを搭載しながら、高密度実装技術によりサイズをキープ。完成度を極めたデザインを継承し、外装、モジュールを進化させたフルメタル仕様GMW-B5000Dに、G-SHOCKの更なる可能性を託しています。

機能面では正確な時刻精度を追求し、Bluetooth®通信機能と、世界6局の標準電波に対応するマルチバンド6を搭載。専用アプリケーションG-SHOCK Connected※1との連携により、インターネット上のタイムサーバーから正確な時刻情報を取得します。世界6局の標準電波に対応するエリアでは、自動時刻修正を行い正確な時刻を取得する電波受信機能を備えます。

また、カシオ独自の省電力技術によるタフソーラーで、安定的な駆動を可能にし、高輝度なフルオートLEDバックライトや、ワールドタイムなどの実用性も備えます。更に6ヵ国語の曜日表示※2が可能なローカライズにも対応します。世界中で、正確な時刻が表示できる、グローバルベーシックを追求する正統進化を果たしました。

初代から受け継がれるコンセプトはそのままに、時計としてのクオリティを追求し外装、構造、モジュールの進化に磨きをかけ、フルメタルを纏った最高傑作のオリジンが誕生しました。2018年、35周年を迎え、新たな可能性を見出し、ブランドのマスターピースとして進化を遂げたGMW-B5000Dの登場です。

  • スマートフォンリンク(約300都市+オリジナル都市のワールドタイム設定、自動時刻修正、簡単時計設定、リマインダー、タイム&プレイス、携帯電話探索、バッテリーインジケーター表示(7段階で表示))
  • 世界6局(日本2局、中国、アメリカ、イギリス、ドイツ)の標準電波を受信し、時刻を自動修正するマルチバンド6
  • タフソーラー
  • ワールドタイム5本
  • 高輝度なフルオートLEDライト(スーパーイルミネーター、2秒/4秒残照時間切替、フェードイン・フェードアウト付き)
  • 6ヵ国語(英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ロシア語)の曜日表示

※1 G-SHOCKスマートフォンリンクモデル専用のアプリケーション。スマートフォンと連携して、自動時刻修正、ワールドタイムなどの時刻設定をBluetooth®接続に対応した「Connected エンジン」と接続して、世界中で、最新のタイムゾーン、サマータイム情報を反映した時刻を表示。タフソーラーの搭載により、強負荷のかかる機能のソーラー駆動を実現。
※2 曜日言語( 英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ロシア語)