ポータブルストライク

iPhoneやスマートフォンに関する情報を発信していきます。それから、家電、グッズや書籍の紹介、食レポなども発信します。

道中の景色を手間なく録画【KENWOOD ドライブレコーダー DRV-830】

業界トップクラスの高精細 WQHD(Wide Quad HD)
地上デジタル放送で知られるフルハイビジョンの約1.8倍の高解像度で記録するWQHD(2560×1440)を搭載。車のナンバープレートなど細かな部分までシッカリ記録します。

f:id:revival2018:20180715112011p:plain

フルハイビジョンの約1.8倍の情報量
撮影時の解像度が高いほど情報量が豊富で、より細かな部分の映像の記録再生が可能。ぼんやりした文字もWQHDならクッキリ再現。これからのドライブレコーダーの新基準画質です。

記録モードが選択可能
高画質のWQHDをはじめ、4つの記録モードを搭載し、画質と記録時間のバランスを考慮して選択できます。
※記録モードによって、録画できる時間が異なります。

HDR(ハイダイナミックレンジ)全記録モードに対応
逆光や夜間走行時の街灯、トンネルの出入り口など明暗差が激しい環境時におきる「白とび」や「黒つぶれ」を抑え明瞭な映像を記録します。本機は映像処理能力を高めることで、従来困難だった高画質モードを含めた全記録モードでのHDR対応を可能としました。

f:id:revival2018:20180715112148p:plain

microSDXCダブルスロット搭載
最大容量128GBまでのmicroSDXCカードに対応。高画質WQHDモードで最長約10時間、HD(ハイビジョン)モードで約26時間の長時間録画が可能。さらに、microSDXCカードのカードスロットをふたつ搭載。スロット1からスロット2へのリレー録画がおこなえます。WQHDモードで最長約21時間、HDモードで約53時間の超・長時間録画が可能。常時録画の映像を長時間撮っておきたい時に便利です。
※SDカードスロット2は、常時録画のみ記録します。

もっともっと長時間録画ができる 低フレームレート記録モード搭載
本機の標準フレームレート(1秒間に記録する静止画像枚数)は27fpsですが、さらなる長時間録画をおこなうためにフレームレートを3fps、9fpsに抑えたモードを新搭載。低フレームレートの間欠録画が行えます。映像のなめらかさよりも長時間録画を優先する方にオススメです。

広視野角レンズ搭載
水平132°、垂直70°、対角144°の広視野角レンズを採用。前方の上下左右方向の視野が拡大。万一のときの映像の記録範囲が広がりました。

SDカード寿命告知機能搭載
microSDカードの消耗によりデータが記録できなくなったり、記録された映像が消失してしまうといった不具合が起こる場合があります。本機は、SDカード寿命告知機能を搭載※しており、万一のときの録り逃しを防ぎます。
※本機に付属のmicroSDカードまたは当社製別売microSDカードの使用時に対応

f:id:revival2018:20180715112254p:plain

3型液晶モニター採用
走行映像の確認やメニュー画面の操作時に見やすく便利な大画面3型モニターを採用。高画質の走行映像をクラス最大サイズの3型画面いっぱいに映し出して確認できます。また操作時の文字の表示が大きく見やすいので設定が楽にできます。録画映像はサムネール表示するので、再生したい映像の検索がスムースにおこなえます。

衝撃を検知するGセンサー搭載。
イベント記録などの際に衝撃を検知する「Gセンサー」を搭載。3軸のセンサーが衝撃を検出します。

位置情報を記録するGPSを搭載
速度・高度・緯度などの自車位置情報を測る「GPS」を搭載しました。また、専用のビューアーソフト※に走行記録を表示可能です。
※KENWOOD DRIVE REVIEWER」は当社ホームページより無償ダウンロードサービスにて提供

電源喪失時に予備電源を供給する スーパーキャパシタ
車両の電源が落ちてしまうようなアクシデントに遭遇してしまった際に電源を供給するスーパーキャパシタを採用しました。映像記録中のファイルの破損を防ぎ、万一の場合に備えます。

様々なシーンに合わせた録画モード
エンジンON/OFFに連動して録画スタート/ストップをする「常時録画モード」。任意のタイミングで録画してデータを守る 「手動録画モード」。突発的な衝撃を検知すると自動で緊急録画領域に記録する「イベント記録モード」。別売車載電源ケーブルを使用すると最大24時間の駐車監視録画に対応できる「駐車監視録画モード」を搭載しています。

その他の特徴
プライベートな話し声をカットする「マイクON/OFF機能」
思い出を記録に残す「自動静止画連続撮影機能」
安全運転をサポートする「運転支援機能」
信号機の無点灯記録を防ぐ「LED信号機」
カーナビの動作や地デジの受信機器に影響を及ぼさない「ノイズ低減設計対応」