ポータブルストライク

iPhoneやスマートフォンに関する情報を発信していきます。それから、家電、グッズや書籍の紹介、食レポなども発信します。

コンパクトカメラの常識を超える高画質【SONY Cyber-shot DSC-RX100】

1.0型センサーを小型ボディに搭載
大型1.0型(13.2×8.8mm)“Exmor(エクスモア)”CMOSセンサーを新開発。従来のサイバーショットで採用されているCMOSセンサーと比べ、約4倍の受光面積を持つため、大口径F1.8カールツァイス「バリオ・ゾナーT*」の優れた描写を余すところなく受け止める。また、有効約2020万画素の描写性能により、被写体の細かなディテールまで忠実に再現。さらに、ノイズを初期段階から抑えるため、センサー上でオンチップ・カラムA/D変換とデュアルノイズリダクション処理を行い、ノイズを最小限に抑制し高画素化と低ノイズ化を実現。

f:id:revival2018:20180723115630p:plain

新開発、F1.8の大口径カールツァイス「バリオ・ゾナーT*」レンズ
厳密な性能テストに合格し、カールツァイスの「バリオ・ゾナーT*」の名を冠した光学3.6倍ズームレンズを搭載。広角28mm(35mm判換算)側の開放F値はF1.8と明るく、7枚羽根円形絞りと合わせ美しいボケ味を実現。レンズには、ゴーストやフレアなど不要な反射光を低減する多層膜コーティング、「T*(ティースター)コーティング」を施す。これにより圧倒的な描写性能を発揮し、シーンの空気感まで表現可能。

圧倒的な処理能力と表現力を身に付けた、画像処理エンジン「BIONZ(ビオンズ)」
高画素化するCMOSセンサーからの情報を高速・高精度に処理する画像処理エンジン「BIONZ(ビオンズ)」。画像を重ね合わせて最高ISO25600相当の高感度撮影が可能な「マルチショットNR」、約10コマ/秒の高速連写など、負荷の高い画像処理もスピーディー。さらに、レンズ一体型カメラだからこそ可能な、レンズとイメージセンサーの性能を最大限に引きだす画づくりを実現。

 

f:id:revival2018:20180723115901p:plain

洗練を極めた高品位なアルミボディ
いつでも持ち歩くために小型・軽量化を追求しながら、剛性感と質感にこだわった高品位なアルミボディ。主要操作部にもメタル素材を採用し、撮るときの確かな手応えと快適な操作性を実現。カメラのホールド感やレンズリングの操作性にも配慮し、ボディのほぼセンターにレンズを配置。無駄を削ぎ落とした高級感のあるブラックのシンプルなフォルムが、創作意欲をかき立て、持つことの喜びを感じさせる。

こだわりのマニュアル操作を可能にするコントロールリング
レンズ部にあるコントロールリングを操作することで、一眼レフカメラ並みのこだわり設定が可能。リングを回すと液晶画面にパラメーターが表示される直感的なユーザーインターフェースで、マニュアル操作を快適に行える。コントロールリングに割り当てられる機能は、ズームや絞りといったカメラの基本設定から、ピクチャーエフェクトといった仕上がりの調節まで自由に設定可能。また、シームレスなコントロールリングのため、動画撮影時も操作音を気にせず撮影できる。

マニュアル撮影を本格的に楽しめる充実の撮影モード
シャッタースピードと絞り値を自動設定する「プログラムオート(P)」をはじめ、「絞り優先(A)」「シャッタースピード優先(S)」「マニュアル露出(M)」など、自分の意図を反映して本格的な撮影を楽しめるマニュアルモードを搭載。さらに、クリエイティブな表現が楽しめる撮影モードや「プレミアムおまかせオート」などのオート撮影機能も充実している。