ポータブルストライク

iPhoneやスマートフォンに関する情報を発信していきます。それから、家電、グッズや書籍の紹介、食レポなども発信します。

「空間光学手ブレ補正」と「4K高画質センサー」でブレずにキレイ!撮った後も楽しめる4Kハンディカム高性能モデル【FDR-AX45】

ズームしてもブレない、「空間光学手ブレ補正」
レンズとセンサーが一体になり、カメラ本体が動いても空間光学ユニットがバランスを保つので、ズームしても、動きながらの撮影でも、手ブレを抑えて安定した映像を撮れるのが、ソニー独自の「空間光学手ブレ補正」。さらにHD撮影時には「インテリジェントアクティブモード」に対応し、ワイド撮影時は約15倍ブレない(*)安定した映像を実現しました。

f:id:revival2018:20180729120449p:plain

「空間光学手ブレ補正」で大成功
わが子の姿を、しっかり残しておきたい。でも、手持ちの撮影では、ブレて大失敗ということも…。そこで頼れるのが「空間光学手ブレ補正」。子どもと一緒に動きながらの撮影でも、ブレをとことん抑えて、見やすく美しい映像が得られます。

防塵に配慮した構造
レンズユニット内部へのホコリの侵入を防ぎ、空間光学手ブレ補正の高いパフォーマンスを維持するホコリ侵入ストッパーを配置(*)
* 空間光学手ブレは、防塵に配慮した構造となっています。万が一、ホコリが侵入した場合でも当社のレンズ性能評価の基準を満たします
※ 防塵に配慮した構造となっていますが、ホコリの侵入を完全に防ぐものではありません

f:id:revival2018:20180729120645p:plain